海藻類はどれくらい食べれば良い?毎日適量食べるのがポイント!

その他

毎日海藻類を食べていますか?

私はほぼ毎日海藻類(特にわかめ)を食べています!

海藻類を食べると、美容と健康に良いのは知っている。

でも、どれくらい食べて良いか、あまりピンときていない人もいるのでは?

今回は、海藻類の適切な摂り方をお伝えします!

海藻類はどれくらい食べれば良い?毎日適量食べるのがポイント!

こんにちは、でぐちです!

今回は、海藻類の食べ方についてです。

海藻類は食べすぎてもよくない!

体に良いからといって海藻類を食べすぎていませんか?

ただ闇雲に、海藻をたくさん食べれば良いわけではありません。

たしかに、海藻類は腸内環境を整えたり、髪を健康にしたり、体に良いです。

しかし、海藻類の摂りすぎが、病気になるリスクを高めてしまう原因になるかも。

原因の1つが、ヒ素。

毒性の高いヒ素を、長く摂り続けるのはよくありません。

野菜や海藻類に含まれていますが、特に多いのがひじきです。

ひじきを調理する際は、水で戻すだけでなく、沸騰させたお湯で5分程、茹でこぼすようにしてくださいね!

このように、海藻類を食べすぎても体へのリスクがあります。

なので、極端に多く食べるのではなく、毎日適量食べ続けるのがポイントです!

海藻類を摂るメリットって??

海藻類は毎日適量摂ることで、含まれる栄養素の過剰症や不足を防げます。

海藻類を毎日摂ることで、このようなメリットがあります。

・不足しがちな食物繊維を摂ることができる

・ヨウ素を摂ることができる

1つずつお伝えしますね!

不足しがちな食物繊維を摂ることができる

食物繊維は意識しないと摂ることができません。

炭水化物やタンパク質中心の食生活では、食物繊維が不足してしまいます。

海藻類は、野菜以上に食物繊維の量が多いです。

中でも多く含まれるのが、水溶性食物繊維。

これはぬめり成分に多く、便をスムーズに排出してくれます。

食物繊維は腸内環境を整えるのにも効果を発揮します。

ヨウ素を摂ることができる

体に必要なミネラルであるヨウ素。

ヨウ素は、海藻類に多く含まれています。

ヨウ素は、エネルギーを作ったり、細胞の入れ替わりなどのサポートを行います。

細胞を作ったり、髪を美しくしたりなど、キレイになるためには欠かせないミネラルの1つです。

1日にどれくらい食べれば良い?

食物繊維豊富で、美容にも良いヨウ素も入っている海藻類。

これは毎日摂っていきたいと思いますよね。

でも、海藻類を毎日グラム単位で測って、料理するのも億劫ですよね。

適当に取り入れて、いつの間にか過剰になってしまうリスクもあると思います。

今回は量がわかりやすいよう、乾燥わかめを例にします。

1日の量の目安としては、大さじスプーンで1杯です。

または、わかめの小鉢1皿分。

乾燥わかめは大さじ1杯を戻すと、だいたい15〜20グラムになります。

必要なヨウ素量も、充分満たすことができます。

これで1日の摂取量は充分です!


海に囲まれた日本は、海藻類を昔から多く食べていたため、過剰摂取分は排出されるようです。

しかし、食べ過ぎはやはりヨウ素やヒ素などの摂りすぎになり、過剰症が現れる可能性があります。

くれぐれも、食べ過ぎには気をつけてくださいね!

まとめ

今回は、海藻類の適切な摂り方についてお伝えしました!

海藻類の過剰摂取は、病気へのリスクを高めます。

しかし、髪を美しくする、細胞を新しくする、エネルギーを作るなど、キレイになるためには欠かせない栄養素も豊富です。

なので、乾燥わかめを大さじ1杯を、味噌汁に入れたりなどして、毎日忘れずに取り入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました