ご飯は何杯までOK?計算してみよう。

その他

ご飯には糖質が多く含まれており、食べ過ぎは肥満の原因になるだけでなく、老化を促進させる原因にもなります。

でも、ご飯はどれくらい食べるのが適切なのか、わからない人もいるのではないでしょうか?

まずは自分の1日に必要なカロリーを知って、そこから必要な糖質量を計算します。

その計算方法についてお伝えします。

ご飯は何杯までOK?計算してみよう。

こんにちは、でぐちです!

今回は、ご飯の適切な摂取量についてお伝えします。

ご飯は糖質、食べ過ぎは老化する!!

ご飯には糖質が多く含まれています。

糖質の摂りすぎは、肥満だけでなく、老化を促進させます。

糖質を摂ると、体の中ではエネルギーに変換され、体を動かす時などに使われます。

しかし、体で使うエネルギーよりも糖質量が多かった場合などは、糖質が使い切れずに余ってしまいます。

そうすると、余った糖質はコラーゲンなどのタンパク質と結びつき、老化物質AGEを生み出します。

AGEはタンパク質を劣化させ、肌の弾力を失い、シワやたるみに繋がるのです。

老化物質AGEについてはこちらに詳しく書きました。

AGEによって劣化したタンパク質は元に戻ることはない、ということも恐ろしいですね。

今からの対策で早過ぎるなんてことは無いので、今すぐにでも対策が必要です。

そのために、まず大切なことは、ご飯を食べる量を知っておくことです。

1日に必要なカロリーの、どれくらいをご飯で取れば良い?

糖質は甘いお菓子やジュースにも含まれていますが、なるべくご飯などの炭水化物から糖質を摂るようにしてください。

理由は、砂糖などの糖質は、血糖値を急激に上げてしまうからです。

血糖値が急激に上がると、AGEは作られやすくなります。

そのため、糖質は炭水化物をメインに摂るようにしましょう。

では、ご飯の適切な量はどれくらいでしょうか?

ご飯の量は、1日の摂取カロリーの約6割を摂ると良いです。

ご飯のカロリーを知る

女性の1日に必要なカロリーは、おおよそ1200kcalです。

なので720kcalをご飯で摂るようにします。

そこで気になるのが、ご飯のカロリーですよね。

以下に白米と玄米のカロリーを示します。

白米

小盛り(120g) 202kcal

普通盛り(150g) 252kcal


玄米

小盛り(120g) 196kcal

普通盛り(150g) 224kcal

白米と玄米の糖質量はあまり変わりません。

なので、ご飯普通盛り1杯で250kcalと考えて良いと思います。

720kcalをご飯から摂ると、1日に普通盛りが3杯だとちょうど良いですね。

しかし、糖質はご飯などの炭水化物以外にも、調味料や野菜にも含まれています。

それを考慮して、1日に小盛りご飯3杯にしておくと良いかと思います。

実際に自分に当てはめてみる

あとは、自分の1日に必要なカロリーを知って当てはめれば良いです。

デスクワークをしている人や、立ち仕事をしてる人、ジムに通っている人など、消費カロリーは人それぞれ。

まずは、自分がそれくらいの活動量なのかを知って、必要なカロリーを計算する必要があります。

その計算方法についてはこちら↓

まとめ

今回は、ご飯の適切な摂取量についてお伝えしました!

まずは、糖質量を適切にコントロールすることが大切です。

糖質を制するものは、老化を制します。

自分に必要なご飯の量を知って、老化に負けない体になりましょう!

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

1日3食ごちそう肌ケアで

歳を重ねるほど美しくなる

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

その他
DEVOEVO
タイトルとURLをコピーしました