パプリカを選ぶなら国産!なぜ外国産はよくない?

その他

スーパーでよく見かける外国産のパプリカ。

これって買ってもいいの?という疑問はありませんか?

パプリカは国産があれば少し高くても国産がいいです。

その理由についてお伝えします。

パプリカを選ぶなら国産!なぜ外国産はよくない?

こんにちは、でぐちです!

今回はパプリカについてお伝えします。

パプリカは残留農薬が不安

料理の彩りをよくするため、ビタミンを摂るために積極的に食べたいパプリカ。

でも、スーパーでよく見かけるのは、外国産のパプリカばかり。

外国産のパプリカは買ってもいいのでしょうか?

私の考えとしては、健康と美容のことを考えるなら

「外国産のパプリカは買わない方が良い」と思っています。

その理由としては、残留農薬への不安があるからです。

何年か前ですが、韓国産パプリカに基準をこえる殺虫剤が検出されたからです。

それも3回。

基準をこえる殺虫剤が検出されてから、検査体制は強化されたようです。

でも、またいつ基準を超えるかわからない不安が残ります。

基準を超える心配がないくらい、農薬を制限しているのか、

それとも、基準ギリギリまで農薬を使用しているのか、

どちらかはわかりません。

こうした不安がのこる食材は買わないようが良い、と個人的には思います。

どうしても外国産パプリカを使いたいという場合は、どうすれば良いのでしょうか?

そんな場合は、

「農薬を落とす下処理」をすると良いです。

農薬を落とす方法

パプリカやピーマンなどは、ハウスでの栽培が多く農薬の使用が多くなりがちです。

農薬の多くは作物の表面についています。

(作物の表面を通過して中まで浸透する農薬もあります)

下ごしたえの手順は以下です。

①流水で30秒ほどこすり洗い

②千切りしてから沸騰したお湯で30秒茹でる

③冷水にとって冷ます

外国産のものはこうして下処理をすることで、農薬の心配が少なくなります。

パプリカ以外にも、トマトにもこの方法は使えます。

そのほかに、板ずりやアク抜きなども農薬を落とすには効果的です。

できるなら無農薬の野菜を

ここまで、農薬を落とす下処理をお伝えしました。

でも、この下処理を毎回行うのは正直めんどう…

そういう時は、無農薬のものを買うと良いです。

無農薬を買うのが難しいという人は、国産のパプリカでも良いでしょう。

外国産のパプリカよりは、安心できます。

野菜の皮むきや茹でこぼしは、確かに農薬の不安は少なくなります。

しかし、野菜の皮やアクなどの、普段は捨ててしまう部分に多くの栄養素があります。

ただでさえ、昔より栄養がなくなっている野菜。

農薬を落とすための下処理で、さらに栄養素は減少してしまいます。

野菜はただ食べれば良いわけではありません。

いつまでもキレイでいたい人は、それにふさわしいと思えるものを選択する力が必要です。

まとめ

今回は、パプリカについてお伝えしました。

外国産と国産があったら、迷わず国産に!

そして、農薬が不安という方は、下処理をしてみてくださいね!

農薬についてはこちらも参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました