電子レンジを使うと老化する!レンジを使わず蒸し野菜を簡単に作るアイデア

アンチエイジング

忙しい時の料理に欠かすことのできない電子レンジ。

しかし、多用するのはやめた方が良いです。

なぜなら、使えば使うほど美しさとは離れてしまうから。

でも、野菜をレンジを使わずに、簡単に火を通す方法があります!

その方法についてお伝えします!

電子レンジを使うと老化する!レンジを使わず蒸し野菜を簡単に作るアイデア

こんにちは、でぐちです!

今回は、電子レンジを使わず野菜に火を通す方法をお伝えします。

電子レンジの多用は老化を早めます

時間のないとき、早く火を通したいときに便利な電子レンジ。

火にかけるより手間も時間もかからず、料理に大活躍なのではないでしょうか。

しかし、レンジばかり使うのはあまりオススメしません。

なぜなら、老化を早めてしまうからです。

電子レンジは、短時間で食材を高温にすることができます。

この「短時間」「高温加熱」が老化を早める原因になるのです。

老化物質AGEは、食材を高温で加熱すればするほど作られます。

AGEについてはこちらに詳しく書きました。

料理の中でもっともAGEが多く含まれるのが「揚げ物」です。

揚げ物は高温で短時間に調理されます。

なのでAGEが多く、それを食べるとどんどんAGEが体内に蓄積されることになります。

AGEはコラーゲンなどを劣化させ、シミやシワ、たるみの原因になります。

電子レンジを使う頻度は少なくしよう

電子レンジを使わない生活は、私たちのような働く女性、忙しい女性には難しいですよね。

なので、全く使わないというよりも、使う頻度を少なくすると良いです。

例えば、

・ストックしている冷凍ご飯を温めるとき

・自然解凍し忘れていた冷凍のお肉をすぐに解凍したいとき

などは使っても良いと思います。

すぐにレンジでの調理をやめるのは大変なので、少しずつで大丈夫です。

私もかつては、根菜などをレンジで加熱調理していました。

ですが今では、レンジは冷凍ご飯を温めるときにだけ使っています。

お弁当も、レンジ調理には頼らず作っています。

お弁当を作る時のコツは、また今度お伝えしますね!!

レンジを使わず蒸し野菜を作る方法

レンジを使わずに調理するためには、どうしたら良いでしょう?

短時間でできるオススメの方法があります。

特に、ブロッコリーやジャガイモ、さつまいもなどの蒸し野菜を作る時にオススメです。

その方法に必要な道具は、

・蓋つきの鍋

・ステンレス製の穴あきボウル

です。

言葉で説明するより、書いたようが良いので書きます。

絵で。

こんな感じに、鍋にボウルを入れます。

この時、鍋のふちにボウルのふちが引っかかる、ベストサイズのものを用意してください。

そしてその状態で蓋ができるとなおベストです。

食材は丸ごとではなく、切ってから蒸すと早いです。

蒸し方としては、

①鍋に水を鍋底から2センチほど入れ、ボウルを鍋の中に設置

②蓋をして火にかける

③蒸気が出てきたら食材を入れる

ブロッコリーなら3分程度、ジャガイモやさつまいもなら5分程度で火が通ります。

本当にすぐにできるので、一度やってみてください!

まとめ

今回は、電子レンジを使わず野菜に火を通す方法をお伝えしました!

一度やってみると本当に簡単なので、レンジ調理をしなくなりますよ。

・蓋つきの鍋

・ステンレス製の穴あきボウル

を用意してやってみてくださいね。

この調理法ができると、料理はもっとシンプルなものになります。

美しくなる料理に時間も手間もかかりません。

今回の方法を試してみて、レンジでの調理は少しずつ減らしていくと良いでしょう!

タイトルとURLをコピーしました