便秘改善にヨーグルトを食べた方が良い?長期的に考えれば控えるべき

その他

便秘改善にヨーグルトを食べることは良いのでしょうか?

ヨーグルトには、腸内環境を整える菌がたくさん含まれています。

なので、すぐに便秘を改善したい!と思っているなら、ヨーグルトを食べることは効果的だと思います。

でも、長期的にみてヨーグルトを食べ続けることはオススメしません。

その理由をお伝えします。

便秘改善にヨーグルトを食べた方が良い?長期的に考えれば控えるべき

こんにちは、でぐちです!

今回は、ヨーグルトを控えるべき理由についてお伝えします。

ヨーグルトには腸内を整える菌がたくさん

便秘改善に良い食べ物といえば、ヨーグルトが思いつく方は多いと思います。

ヨーグルトが便秘に効果的な理由としては、乳酸菌やビフィズス菌が含まれているからです。

乳酸菌やビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やし、老廃物のスムーズな排出を促す効果があります。

便秘の人は、この善玉菌が少なく、悪玉菌が優位な腸内環境な場合が多いです。

そのため、ヨーグルトを食べることは、便秘を改善させるには良いです。

しかし、長期的にヨーグルトを食べ続けることは、腸内環境を悪化させるかもしれません。

ヨーグルトによる腸内環境の悪化

ヨーグルトを食べ続けると、なぜ腸内環境が悪化してしまうのか。

それは、ヨーグルトが「動物性食品」だからです。

動物性食品は、腸内の悪玉菌の大好物です。

悪玉菌が増える原因になります。

それだけでなく、動物性食品が良くない理由は、

・飽和脂肪酸やコレステロールが多く、老化や生活習慣病の原因になる

・腸内で腐敗して有害なアンモニアを発生させる

・アンモニアの解毒のため肝臓が働き負担がかかる

・日本人は乳糖を分解する酵素が不足している

などもあります。

動物性食品の摂り方については重要なので、今後くわしくお伝えしていきます!

動物性食品は、お肉だけでなく卵や牛乳やバター、そしてヨーグルトも含まれます。

ヨーグルトを食べることで、善玉菌を増やすことができます。

なので、一時的には便通はよくなります。

しかし、同時に悪玉菌も増えるため、腸内環境が整ったとはいえないのです。

腸内環境を整え便秘を改善するには

では、ヨーグルトを食べなくても、便秘を改善することはできます。

その方法は、食物繊維をとることです。

しかし、その食物繊維にも摂り方にコツがあります。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

よくやりがちなことは、不溶性食物繊維ばかりをとってしまい、便秘が悪化してしまうことです。

なので、水溶性と不溶性をどちらも意識してとることが大切です。

まとめ

今回は、ヨーグルトを控えるべき理由についてお伝えしました!

ヨーグルトを食べることは、一時的に便秘を改善させるには良いです。

しかし、長期的にヨーグルトを食べ続けることは、腸内環境を悪化させます。

腸内環境を整えることは、血液の質を高め、美肌や老化防止のために重要です。

動物性食品に頼らない方法で、腸内環境を整えていきましょう。

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

1日3食ごちそう肌ケアで

歳を重ねるほど美しくなる

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

その他
DEVOEVO
タイトルとURLをコピーしました