血糖値コントロールで老けない体になる!

アンチエイジング

女性なら誰もが「老けたくない!」「いつまでもキレイでいたい!」って思いますよね。

このブログを読んでいる方なら、老化の原因がなんなのか理解しているかと思います。

原因がわかっていれば、あとは対処するだけ。

今回は老化を防ぐための血糖値コントロールについてお話しします!

血糖値コントロールで老けない体になる

こんにちは、でぐちです!

今回は老けない体になるための方法についてお伝えします。

老化の原因に対する対策は?

老化とは、細胞が傷つくことにより正常な細胞が減っていくこと。

細胞を傷つける主な原因は活性酸素。

若い頃は抗酸化力が高いため、活性酸素を除去する力が備わってます。

しかし歳を重ねると、それが衰えてきます。

その抗酸化力が衰える原因の1つが、AGE。

AGEは肌のコラーゲンなどに蓄積されると、ハリや弾力を失い、たるみやシワの原因になります。

それを食事で改善するためには、血糖値コントロールが大切。

血糖値が急激に上がることにより、使いきれない糖が余ってしまいます。

余分な糖が、コラーゲンなどのタンパク質に結びつくことによりAGEが生まれます。

血糖値の急な上昇を防ぐことが、AGEへの対策には効果的。

食べ物のGI値を知って血糖値コントロールする!

GIとはGlycemic Indexの略です。

血糖値が上がるスピードを数値化したもの、と思ってください。

数値が大きいものほど、血糖値が急上昇しやすいです。

なので「高GI値」な食べ物は避けて、「低GI値」の食べ物を食べると良いです。

以下に、食べ物別のGI値一覧をのせます。

高GI食中GI食低GI食
穀類
食パン、精白米、もち、うどん玄米、パスタ(精白)、そば麦、玄米おかゆ、全粒粉パスタ
野菜じゃがいも、人参かぼちゃ、さつまいも、里芋玉ねぎ、トマト、キャベツ、ピーマン、大根、なす、小松菜、きゅうり、レタス、もやし
魚介類ちくわ、ツナしじみ、マグロ、イカ、エビ、アジ、たらこ、しらす
肉類ベーコン牛肉、豚肉、鶏肉
果物バナナスイカ、キウイ、ぶどうメロン、もも、りんご、レモン、梨、いちご
菓子類大福餅、ドーナツ、キャラメル、ホットケーキ、ジャム、あんこハチミツ、メープルシロップ、クッキー、みたらし団子、カステラ、ポテトチップス、チョコレートプリン、ゼリー

実際に食生活に当てはめてみる

白いご飯を主食にしている方は、白いご飯よりGI値の低い玄米にすると良いです。

そしてやはり白い砂糖をたっぷり使った、お菓子類はほとんど高GI値のものばかりです。

白い砂糖は特に血糖値上昇のスピードが早いので、なるべく避けた方が良いです。

料理に白い砂糖を使っている方は、てんさい糖やアガベシロップ、水飴やみりんなどでの代用をオススメします!

野菜は低GIのものが多いです。

高GIのものを食べる際は一緒に摂ることで、血糖値の急上昇を抑えることができます。

意識して低GIのものを摂るようにしてみてくださいね!

※甘い食べ物の中でもフルーツはGI値が高くないですが、フルーツには注意が必要です。

まとめ

今日のまとめです。

・AGEは老化原因の1つであり、抗酸化力を衰えさせる原因でもある。

・AGEは血糖値をコントロールすることにより抑制することができる。

・血糖値の急上昇を防ぐには、高GI値の食べ物は避け、低GI値の食べ物を選ぶようにする。

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

1日3食ごちそう肌ケアで

歳を重ねるほど美しくなる

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

アンチエイジング
DEVOEVO
タイトルとURLをコピーしました