大人の食育とは?これからの時代に必須な教養です!

その他

「食育」という言葉をよく聞くようになったのは、ここ15年の間。

そのきっかけは、2005年に制定された「食育基本法」によるもの。

しかし「食育」という言葉は100年も前から存在していたというのをご存知でしょうか?

ここ数年で食育の重要さが広まったのには、理由があります。

食について学んでいくと、決して安全じゃ無い食の現実が見えてきます。

今回は多くの方に「他人事じゃ無い」「自分からどうにかしないと」と感じてもらえるよう、

食育がなぜ現代になって重要とされているか、誰もが学ぶべき大人の食育についてお伝えします!


食育の始まり

2005年に「食育基本法」が制定され、食育が私たちの身近な言葉となりました。

しかし、その重要性は実は100年も前から提唱されていたことなのです。

「食育」という言葉は、明治時代の軍医であった石塚左玄の著書、「食物養生法」の中で使われていたのが最初といわれています。

その中で、「体育、知育、才育はすなわち、食育である」として、食育の大切さを説いています。

これは、「食」が人間を成長させるために必要不可欠であるという意味を含んでいます。


現代の食育

2005年に「食育基本法」が制定され、日本が国家レベルで食の改善をテーマに掲げた法律を定めました。

ここでの食育の目的は、「どのようなものを食べるべきかという知識を身につけて、食材の選択能力を高めること。」そして「正しい食生活の習慣を身につけること」です。

しかし、この食育基本法の前文では、「食は生きる上での基本であって、教育の三本柱である、知育、体育、徳育の基礎となるべきもの」と位置付けています。

現代の食育基本法の中での食育も、100年前から提唱されていた食育を参考に、食の重要さを提唱しています。


食育基本法が制定されたきっかけ

この「食育」が方レベルに至るまでは、様々な要因があります。

国家予算の3分の1ともいわれている「国民医療費問題」

食品偽装問題、産地偽装などの食の安全を揺るがす事件の多発。

このようなことがきっかけとなり、「食」本来の役割を見直すべく「食育基本法」が制定されました。


学校や地域では様々な取り組みが行われている

学校給食を活用し、「食品ロスの削減」や「地産地消の推進」などの取り組みがされています。

そして地域でも「食文化継承のための取り組み」や「農業、畜産業の体験活動」などが行われています。

このような、子供を中心に「食の大切さを学ぶ」様々な取り組みが、盛んに行われるようになりました。

大人の私たちよりも、今の子供たちの方が食の重要さというものを学んできていると思います。


大人の食育

私たち大人は、「食育に触れてこなかった」という人が多いと思います。

子供の毎日のご飯を作るのは私たち大人なので、子供以上に食育を学ぶ必要があるのです。

上で挙げた、学校や地域での取り組みで学べることは、最低限学ぶべきです。

そこに加え、学校や地域の食育活動では学べないことも学ぶ必要があります。

例えば、

  • 作物の残留農薬について
  • 遺伝子組換え作物について
  • 野菜の低栄養化
  • 外国産作物について
  • 食品添加物の不安

など

こういった、「家族を守るための食育」も学ばなければなりません。

家族を守るための食の知識についていくつか挙げます。

まずは「作物の残留農薬」についてです。

農薬の心配は全ての人が、少なからず不安を抱いているかと思います。

食料自給率の低い日本は、海外からの輸入に頼っています。

アメリカでは、発がん性の強い農薬が散布されています。

日本の残留農薬の基準がアメリカに合わせて緩和されていることも、不安要素の1つです。

農薬について、詳しくはこちらに書きました。

農薬だけではなく、「食品添加物」も家族を守るために学ばなければならない知識です。

食品添加物の使用量は国が定めた「健康に影響がない量の100分の1の量」を上限としています。

しかし、動物実験で健康に影響がないという範囲ですし、「複数添加物を摂取した場合」を考慮していません。

毎日1人当たり50種類の食品添加物を摂取しているといわれているので不安です。

そして「長期的に摂取した場合の危険性はわからない」ということから、食品添加物はなるべく避けた方が良いものです。

私たち大人も、大人として学ぶべき食育を、すぐにでも学んでいかなければならないのです。


まとめ

今回は、食育がなぜ現代になって重要とされているか、誰もが学ぶべき大人の食育についてお伝えしました!

大人が学ぶべき食育は、子供よりも重要ということが理解していただけたなら嬉しいです。

実際、大人が食育を学べる場所は少ないです。

自分で探して、意識して学んでいかなければいけません。

しかし「食学」であれば、学びにいかなくても自宅で自分のペースで学ぶことが可能です。

今回のテーマだけでなく、現代の栄養学や昔ながらの知恵レシピ、美容に特化した食についてトータルで学べる、唯一の大人の食育機関です。

食学を学ぶことで、すぐにでも生活に知識を取り入れられ、家族みんながいつまでも笑顔で過ごすことができるでしょう。

食学について少し学びたいと感じたなら、こちらもチェックしてくださいね。

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

1日3食ごちそう肌ケアで

歳を重ねるほど美しくなる

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

その他
DEVOEVO
タイトルとURLをコピーしました