やりがちなミス。亜麻仁油を摂ればいいってわけじゃない。

その他

亜麻仁油は美容に良いからといって、とりあえず摂っていませんか?

亜麻仁油だって油。摂りすぎは太ります。

ではどうしたら良いか?

油のバランスを考えればいいのです。

バランスを考えれば、亜麻仁油を摂るべきか見えてきます。

やりがちなミス。亜麻仁油を摂ればいいってわけじゃない。

こんにちは、でぐちです!

今回は油の摂り方についてお伝えします。

亜麻仁油って何がいいの?

亜麻仁油はオメガ3脂肪酸が多く含まれており、美容に良い油です。

毎日スプーン1杯を、せっせと摂っている人もいるのではないでしょうか?

亜麻仁油を摂ることは美容と健康には大切なことなんですが、その前に確認して欲しいことがあります。

それは、普段の食生活で「外食や加工品に頼っていないか?」です。

もし、加工品やお惣菜を毎日のように食べていたら、「オメガ6脂肪酸」の摂りすぎになります。

オメガ6脂肪酸の摂りすぎは、炎症体質になってしまい美しさとかけ離れてしまいます。

超大切なのは必須脂肪酸のバランス

体の中で作ることのできない必須脂肪酸。

これらは食事からとるしかありません。

この必須脂肪酸には2種類があります。

「オメガ6脂肪酸」
コレステロールを低下させる、摂りすぎは炎症を促進させる。大豆油やコーン油に多く含まれる。

「オメガ3脂肪酸」
血流改善、炎症をしずめる。亜麻仁油に多く含まれる。

これらはただ摂れば良いというわけではなく、バランスが大切です。

オメガ6脂肪酸 オメガ3脂肪酸
   2   :   1

このバランスが、心身を健やかに保つのにもっとも良いとされています。

必須脂肪酸は体では作れないので、食べ物で摂った油がそのままバランスに影響します。

しかし現代人はこのバランスが崩れています。

油に気をつけていない人は、10:1や20:1になってしまっています!

なぜそんなにバランスが崩れてしまうのか。

それは、オメガ6脂肪酸は外食や加工品に多く使われているからです。

摂りすぎていることを自覚しよう

例えば、摂りすぎているのはこのような場合です。

・外食が多い

・インスタント食品、お惣菜、菓子パンを食べる

・コンビニで食べ物を買う

・市販のドレッシングを買う

・スナック菓子をよく食べる

・料理にサラダ油を使っている

などです。

これらの油に使用されているのが、大豆やコーンなどから作られた油なのです。

まさに、オメガ6脂肪酸は大豆油やコーン油に多く含まれています。

上で挙げた食生活をしている人は、知らないうちにオメガ6脂肪酸の過剰摂取になっているかもしれません。

なので、まずは亜麻仁油でオメガ3脂肪酸を毎日摂ることより

「オメガ6脂肪酸を控えること」を先にするべきなのです。

これらの摂取を控えず、亜麻仁油を摂っていても油の過剰摂取になるだけ。

オメガ6脂肪酸の摂りすぎは炎症体質になります。

細胞が傷つき老化を促進させてしまうため、美容にもよくありません。

食べ物は薬ではありません。

炎症体質を抑えようと、炎症を抑えるオメガ3脂肪酸を摂っても根本的には改善しません。

まずは、加工品や外食を控えることが大切です。

まとめ

今回は、油の摂り方についてお伝えしました!

オメガ6脂肪酸を控えれば、必須脂肪酸バランスは整いやすくなります。

オメガ6脂肪酸の摂取を控えた上で、美容に良い亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸を摂っていくと良いでしょう。

私も実際、体内の脂肪酸検査でははじめ、必須脂肪酸バランスが4:1でした。

しかし加工品などを控えるなど、食生活を見直すことで2:1に改善したという経験があります。

しかもたった3ヶ月で!

肌ツヤがよくなり、肌の炎症がなくなった実感があります。

気をつけることで、あなたもたった3ヶ月で変わることができますよ!

油についてはこちらも参考になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました