当てはまったら老化進行中かも?早食いになる人の特徴3つ!

アンチエイジング

働く女性=”キャリ女”は、ランチの時間だって惜しい。

でも、急いでご飯を食べても、体にいいことはありません。

早食いは、血糖値の急上昇や消化に負担がかかります。

太る原因になるだけでなく、老化を早めてしまう原因になってしまいます。

では、どんな人が早食いになりやすいか?

今回は、早食いになる人の特徴をお伝えします。

当てはまったら老化進行中かも?早食いになる人の特徴3つ!

こんにちは、でぐちです!

今回は、早食いで老化する人の特徴をお伝えします。

早食いは太るし老化する

早食いすることは、

・血糖値を急上昇させる

・満腹を感じにくいので食べ過ぎる

などにより、太る原因になるというのは良く聞く話ですよね。

しかし、早食いは太る原因になるだけではありません。

血糖値の急上昇により、エネルギーとして使われない余分な糖質がうまれます。

その余分な糖質は、タンパク質にくっつくことで、タンパク質を劣化させます。

タンパク質は、体を構成する成分です。

肌も、コラーゲンもタンパク質を材料に作られています。

余分な糖が肌やコラーゲンなどのタンパク質にくっつくことで、弾力を無くしハリのない肌になってしまうのです。

そして、早食いは消化機能に負担をかけることにもなります。

良く噛まないことで、消化に多くのエネルギーを使います。

エネルギーを多く使うということは、それだけ活性酸素も出してしまいます。

活性酸素については、こちらに詳しく書きました。

活性酸素は、細胞を傷つけてしまいます。

小さな細胞を傷が蓄積されることで、やがてシワやたるみなど目に見える形となって現れるのです。

早食いは、単に太るだけで終わりではなく、老化を早めてしまう原因にもなるのです。

早食いになる人の特徴3つ!

早食いになる人とは、どのような人でしょう?

早食いになる人の特徴をあげてみます。

当てはまる人は、早食いになっているかもしれません。

その特徴3つとは、

・早口で喋るのが癖

・いつも時間に追われている

・噛む回数が15回未満

です。

1つずつお伝えします。

早口で喋るのが癖

早口で喋る人は、行動のリズムが早いです。

おしゃべりで気分が乗っていると、動作のテンポも良くなります。

なので、そのような人はつい食べ物を、パクパク口に運んでいませんか?

食べ物を口に運ぶテンポが早いことは、早食いに繋がってしまいます。

いつも時間に追われている

キャリ女は特に、時間に追われながら過ごしています。

「次の打ち合わせまで、あと○分しかない!」

「あと、○分で次の仕事に行かなければならない!」

など、焦りながら生活している人もいるのではないでしょうか。

そんな時間に追われるような生活だと、やはり食事時間も短縮されます。

食べる時間がないと思うと、どうしても早食いになってしまいがちです。

噛む回数が15回以下

ほとんどの人は、噛む回数が少ないです。

意識して良く噛んでみると、15回噛むことを難しく感じるのではないでしょうか。

噛む回数が少ないのは、やはり早食いに繋がってしまいます。

良く噛むコツは、以下が参考になるかと思います。

みてみてくださいね。

まとめ

今回は、早食いになる人の特徴をお伝えしました!

早食いになる人は、

・早口で喋るのが癖

・いつも時間に追われている

・噛む回数が15回未満

の特徴があります。

ゆっくり食べることは、肥満防止だけでなく老化防止にもつながります。

すぐには慣れないかもしれませんが、少しずつ意識してみると良いです。

こちらも関連しています。参考に慣れば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました