それ危険な油かも

その他

あなたは料理にどんな油を使っていますか?

サラダ油、キャノーラ油、こめ油…

どれも無色で臭いもなく、サラサラしていて使いやすいですよね。


不純物のない透明な油は、見た目からして体には良さそう、と感じるかもしれません。


しかし!


その油はもしかしたら、老化スピードを早める原因になったり、病気の原因になってしまうかもしれません!


じゃあどんな油を選べば良いのか?


誰でも見分けられる、良質な油選びのポイントは

「低温圧搾製法」です!!


普段あなたが使っている、サラダ油。

サラダ油の製法はというと。。。


原料となる大豆やトウモロコシを化学溶剤に浸し油を抽出します。

なぜ化学溶剤に浸すのかというと、少ない原料でたくさん油を作ることができるからです。


そして溶剤の臭いや不純物を取り除くため、抽出した油を高温に熱します。

そうするとあのサラサラした透明な油が出来上がるのです。


でも、その過程で体に悪い成分が生まれたり、化学溶剤が残っている可能性があったりで、不安要素満載な油なのです。


「低温圧搾製法」なら、原料を搾って丁寧に油を抽出します。


そして不純物を取り除く際も、だいたい45度以下の低温で熱しているので油の劣化を防ぐことができます。


なのでこれから油を選ぶ際は、「低温圧搾製法」と書かれた油を探してみてくださいね!


油についてはこちらに詳しく書きましたので、見てみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました