野菜はカット野菜で良い?美肌になりたいなら買うのをやめよう。

美肌

野菜を手軽に摂りたい時、スーパーのカット野菜を買っていませんか?

その手軽さと引き換えに、美しさを失ってしまうかも。

なぜなら、消毒剤と栄養素の問題があるから。

今回は、カット野菜に潜むワナについてお伝えします。

野菜はカット野菜で良い?美肌になりたいなら買うのをやめよう。

こんにちは、でぐちです!

今回は、カット野菜についてお伝えします。

カット野菜はオススメしません!

おうちに野菜がない時、野菜を摂りたい時、カット野菜は丁度いいですよね。

キャベツの千切りだったり、カラフルな野菜だったり、種類もたくさんあります。

いかにも、手軽に健康を手に入れられる、便利食材というイメージです。

でも、美容のためならカット野菜はオススメしません。

なぜなら、カット野菜は栄養素が少なくなっていたり、消毒をされているからです。

カット野菜のデメリット

カット野菜はのデメリットはいくつかあります。

・栄養素が減っている

・消毒剤で洗浄している

・新鮮ではない

・美味しくない

などです。1つずつお伝えします。

栄養素が減っている

野菜はカットすることで、栄養素が減ります。

カットした後に水で洗い、長時間店頭に並ぶため、その分栄養素は失われていきます。

特にビタミンCは、水に溶けやすい性質です。

そのため、切り口からビタミンCが水に流れていってしまいます。

自分で料理するときは、水で洗った後カットするのが基本です。

消毒剤で洗浄している

野菜をカットしたあとは消毒剤が入った水で、洗浄、殺菌します。

これは、切ったあとに長時間置いても、変色しないようにするためです。

そのほかに、長時間置くことで繁殖する可能性のある菌を、殺菌するためでもあります。

洗浄、殺菌は安全な商品のためには、欠かせない工程です。

しかし、消毒剤は安全だから食べても大丈夫というわけでもありません。

食事により美しくなりたいと思うのであれば、カットし袋詰めされ、長時間並ぶような野菜を食べるべきではないと思います。

カット野菜に使用する消毒剤は、いくら健康には影響のない量とはいえ、体内ではそれを無害な状態にして排出しなければなりません。

その解毒作業は大変であり、内臓などに負担をかけてしまいます。

このような食品添加物は、使用上限が決められています。

しかし、複数摂取した場合を考慮しておらず、安全性に疑問が残ります。

新鮮ではない

カットして洗浄しており、数時間たっても変色しないため、新鮮であるかわかりません。

特に、夕方に割引で売られているカット野菜は、選ばないようが良いでしょう。

ただでさえ、昔と違い野菜自体の栄養価が低くなっています。

無農薬であり新鮮な野菜であれば、多くの栄養素を摂ることができます。

新鮮な野菜であれば、多くの栄養素がつまっており、美肌にも良いでしょう。

美味しくない

安定的に生産したり、大量に生産するためには、農薬や化学肥料が欠かせません。

農薬や化学肥料を使うことで、野菜は早く大きく育ちます。

しかし、栽培期間が短縮できる代わりに、十分な光合成を行えません。

そのため、ビタミンなどの栄養素が蓄えられないまま出荷されます。

形は立派でも、中身の栄養素はスカスカ、ということもあるかもしれません。

栄養素が充分蓄えられた野菜であれば、野菜の味が濃く感じられ、とても美味しいです。

まとめ

今回は、カット野菜についてお伝えしました!

キレイになるためには、食生活は1番重要です。

そして、野菜選びもキレイになるためには重要なスキルの1つです。

カット野菜は、

・栄養素が減っている

・消毒剤で洗浄している

・新鮮ではない

・美味しくない

のため、オススメはしません。

生命力の強い野菜を食べることが、内側から美しくなるための基本です。

野菜の選び方については、こちらも参考になるかもしれません。

よければ見てみてくださいね!

 

━-━-━-━-━-━-━-━-

1日3食ごちそう肌ケアで

歳を重ねるほど美しくなる

━-━-━-━-━-━-━-━-

 

美肌
DEVOEVO
タイトルとURLをコピーしました