老化物質AGEを溜めない調理テク2選

アンチエイジング

AGEとは、タンパク質が糖化してできる老化の原因物質です。

・肌のハリがなくなる

・シワやたるみ

肌にこのような症状を感じたら、AGEが溜まっているかもしれません。

実は、調理法によってもAGEが溜まるのを防ぐことができます。

今回はAGEを溜めない調理法を2つご紹介します!

老化物質AGEを溜めない調理テク

こんにちは、でぐちです!

今回は老化を防ぐ調理法をお伝えします。

これからはAGEを意識しなければならない

若い頃は新陳代謝がスムーズなので、AGEが溜まっても排出されやすいです。

しかし、歳を重ねると新陳代謝がスムーズではなくなりAGEが溜まりやすくなります。

(新陳代謝=新しいものへ入れ替わることと思ってください。)

しかもタンパク質であるコラーゲンの新陳代謝には、10年以上かかるといわれています。

コラーゲンは特にAGEが溜まりやすいといえますね。

若い頃は気にしなくても良いですが、これからはAGEを意識して食事をしなければなりません。

AGEはどこからやってくる?

AGEが多い食べ物の摂取によってもAGEは溜まります。

AGEの多い食べ物の特徴としては、

・高温で調理されたもの

・焦げ付いたもの

です。

外食ではなかなかAGEの少ない食べ物を選ぶことは難しいかもしれません。

でも、今回ご紹介する調理法が身についていれば、普段の食事でAGEを気にしなくて済みます。

その調理法は2つあります。

AGEを溜めない調理テク2つ

AGEを溜めないためには、高温での調理を避けることと、焦げつかせないことが大切。

生→蒸す・茹でる→煮る→炒める→焼く→揚げる

の順でAGEが多くなっていきます。

食材は生で食べることがベストですが、生食できないものもあります。

そういった食材は今回ご紹介した調理テクを使うと良いでしょう。

AGEを溜めない調理テクとしては、

・ウォーターソテー

・コールドスタート

がオススメです。

今回は調理法をお伝えしますが、AGEを溜めないためにはこんな方法もあります。

では、AGEを溜めない調理テクを1つずつご紹介します。

ウォーターソテー

これは油を使用しない調理法です。

特に食材を炒める際に使用します。

ウォーターソテーの方法

①フライパンを中火にかける

②温まったら50ml程度の水を入れる

③蒸気が発生するのでそこに食材を入れ弱火にする

④食材に火が通るまで蒸し焼きにする

水分がなくなりそうだったら、そのつど水を入れます。

油を使用しないことで、高温になることを防げます。

コールドスタート

料理をする際に、フライパンに火をつけ、油を敷いてから食材を炒めることはオススメしません。

なぜなら、油は水と違い100度以上の高温になるからです。

これは冷たいままのフライパンに、食材を入れてから火にかける方法です。

コールドスタートの方法

①フライパンに食材を入れる

②油を回し入れてから弱火にかける

③蓋をして食材に火を通す

焦げそうになったら、水を足して調節してください。

コールドスタートは、ゆっくりと食材に火を通すことになります。

なので、お肉や魚はふっくら柔らかく仕上がるのでオススメ。

たまにの外食ではAGEを気にせず楽しもう

外食でもいちいちAGEを気にしていては、食べるものが制限されてつまらなくなります。

とはいえ、毎日のように外食しているのであれば、AGEを気にする必要があります。

しかし、週一回くらいの外食であれば、AGEを気にせず食事を楽しみましょう。

そのかわり、自分で料理するときはご紹介した調理テクを使うと良いです。

大切なことは、普段からAGEを溜めない調理をすること。

今回ご紹介した調理テク2つも、少しの意識で誰でも簡単にできることです。

それが習慣になれば、意識しなくてもAGEを溜めない食事をすることができますよ。

まとめ

AGEは「高温で調理されたもの」「焦げ付いたもの」に多い。

AGEを防ぐ調理法

・ウォーターソテー

・コールドスタート

老化の原因はAGEの他にもあります。

こちらの方が重要ですので、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました