30代で老化を感じたら始めること

アンチエイジング

30代から突然、肌などに老化を感じ始める方は多いと思います。

老化を感じたら始めたい、老化対策があります!

老化の最大の原因に対する対策になりますので、是非読んでいただきたいです。

これで老化対策をしてキレイになりましょう〜!

30代で老化を感じたら始めること

こんにちは、でぐちです!

今回は、老化対策のための食事法をお伝えします!!

30代で老化を感じ始める理由

20代後半から、30代にかけて女性なら誰しもが

「ちょっと肌にシワが出てきたかも!」などの老化を感じるかと思います。

(これってあるあるですよね?一度気になったら仕事にも集中できない!笑)

誰もが悩む老化、30代から気になり始めるのには理由があります。

それは、「抗酸化力」が衰えるから。

若いうちは体に備わっている抗酸化力により、老化の原因となる活性酸素を排除することができます。

しかし、抗酸化力が衰えると、活性酸素から細胞を守ることができなくなります。

活性酸素の攻撃により細胞が傷つき、正常な細胞が減っていきます。

そのため、肌に弾力がなくなったり、シワが増えたり、たるんできたり…

これが老化です。

抗酸化力を衰えさせないように対策が必要です。

抗酸化力は2種類ある

体に備わっている抗酸化力には2種類あります。

1つが、「抗酸化酵素」

もう1つが「抗酸化物質」です。

老けない体になるためには、とても重要なものなので1つずつお伝えしますね!

抗酸化酵素とは

抗酸化酵素には、活性酸素を細胞にとって無害な状態にする働きがあります。

酵素とは、「体の中のあらゆる仕事」を手助けするサポート役です。

酵素がなければ私たちは生きていけない、といわれるほど重要なものです。

抗酸化酵素は外から補うことができないため、なるべく無駄遣いしないことが大切です。

アルコールや残留農薬などは、酵素を無駄遣いさせてしまいます。

そして、酵素はタンパク質でできています。

そのため、タンパク質を劣化させてしまう老化物質AGEにも気をつける必要があります。

AGEについてはこちらに詳しく書きました。

抗酸化物質とは

酵素以外に抗酸化力のある成分を抗酸化物質といいます。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類やα-リポ酸など、聞いたことがあるのではないでしょうか?

先ほどの抗酸化酵素と違い、抗酸化物質は外から補うことができます。

タバコやストレスなどは、抗酸化物質を大量に消費してしまうため注意が必要です。

抗酸化力を衰えさせないために今からできること

30代で老化に気付き始めても、それより前から細胞レベルの老化は始まっています。

なので、対策は早ければ早いほど良いです。

抗酸化力を衰えさせないためにできることとしては、

・良質なタンパク質をとる
・ミネラルをとる
・ファイトケミカルをとる

特に意識したいことは以上の3つです。

良質なタンパク質をとる

抗酸化酵素を作るためにはタンパク質が必要です。

人が一生のうちに作ることができる酵素の量は決まっているといわれています。

なので、数に限りがある酵素をきちんと働かせるために、酵素の材料の質にもこだわりたいです。

タンパク質は、色々な種類をバランスよく食べることをオススメします。

お肉や卵ばかり食べるのではなく、魚や大豆製品も毎日とるようにすると良いです。

タンパク質の摂り方についてはこちらに詳しく書きました。

ミネラルをとる

鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルをとることで、酵素の働きを活発にします。

ミネラルをバランスよくとるためには、「まごわやさしいこ」食を参考にすると良いです。

ま…豆類
ご…種子類(ごま)
わ…海藻類(わかめ)
や…野菜類
さ…魚類
し…きのこ類(しいたけ)
い…芋類
こ…酵素

「まごわやさしいこ」に沿って食事をすることで、特定の食材に偏った食事を防ぐことができます。

ファイトケミカルをとる

野菜の鮮やかな緑や赤や黄色などの色素。

この色素成分は「ファイトケミカル」といいます。

ファイトケミカルには、強い抗酸化作用があります。

抗酸化物質を補うためには、ファイトケミカルがオススメです。

ファイトケミカルについてはこちらに詳しく書きました。

まとめ

今回は、30代で老化を感じたら始めることについてお伝えしました。

抗酸化力は、20代をピークに徐々に衰えてきます。

それを防ぐためには、

・良質なタンパク質をとる

・ミネラルをとる

・ファイトケミカルをとる

このような食生活を心がけると良いです。

今から初めて遅いなんてことはありません。

毎日少しずつ、見えないところで細胞レベルの老化は進んでいます。

老化対策を始めて、老けない体を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました